モバイルバッテリーを選ぶなら5000ml以上は欲しいのは何故?

最終更新: 1月17日

皆さんこんにちは

エックスリペア(X-REPAIR)横浜みなとみらい店 店長の溝口です。

今日は冬に外気温が下がるせいもあってバッテリーの持ちが悪いですよね。

そこで急場しのぎにはなりますがモバイルバッテリーが大活躍します。


モバイルバッテリーの選ぶコツを記したいと思います。


  1. mah(ミリアンペアアワー)の数値で選ぼう

  2. 充電出力で選ぼう

  3. 充電ポート、重たさで選ぼう

  4. 形状で選ぼう




モバイルバッテリーはmah(ミリアンペアアワー)で選ぶ

mah(ミリアンペアアワー)この数理はバッテリー容量を示します。

携帯は2500~3000mahが多いです。ただこの数値の同じくらいあれば充電一回分に相当するのではないかと錯覚しますが、ケーブルや劣化による損失からモバイルバッテリー実装数値は記載の60%ぐらいだと認識していた方が良いです。

なので実質的にはモバイルバッテリーは5000mah以上ないと充電一回分以上は出来ません

結論モバイルバッテリー選びは5000mah以上選ぶと良いでしょう。


モバイルバッテリーは充電出力で選ぶ

モバイルバッテリーの充電出力が弱いと充電時間がかかるだけでなく、充電が出来ないという状態になります。tablet(タブレット)の場合は2Aが必須でタブレットお持ちの方は注意が必要です。充電口が2口の場合はトータルアンペア数も同時接続の時は注意が必要ですが正直2.1Aあれば十分かと思います。タブレットとの同時接続の場合は3A以上が良いのです。



モバイルバッテリーは重さで選ぶ

前述でmah(ミリアンペアアワー)について容量が大きければ大きいほど充電できる回数も増えるのですが欠点もあります。それは重たさです。バッテリーは比較的容積に対して比重が高いため重たく感じてしまいます。女性の方ですと5000mahがちょうどよいくらいでしょう。10000mah以上でどうしても重さを感じてしまいます。鞄の中身の重さと相談してmahは決めましょう。


モバイルバッテリーは形で決める

モバイルバッテリは充電しながら使う方がほぼ割合を締めています。そのことから機体とマッチしたモバイルバッテリーが最適です。スマホは長方形の薄型なのでその形と同等、もしくは厚みの少ないものがモバイルと重ねて使いやすくなっています。

ケーブルも備え付けのものもあります。自分のライフスタイルに合わせて形状も選びましょう。




レンタルモバイルバッテリーで最適な形状の商品

レンタルモバイルバッテリーの形が一番スマートな形はPowerNow(パワーナウ)です。

ケーブルlightingに加え、USBタイプC、タイプB(microUSB)の三種をそろえてあるのでどのタイプでも充電可能です。

なおかつケーブルが短いため、機体と重ねて持ち運びができるためこちらも便利ですね。

6回の閲覧0件のコメント