冬はバッテリーの減りが早いのです!

寒くなってきてスマホのバッテリーの減るのが早いと思われている方はいらっしゃいませんか?Apple社が公式で発表しているのが0℃~35℃の温度帯での使用を推奨しております。他のスマホも同様で0℃以下の環境になるとバッテリー性能が80%まで落ちるという報告もあります。


battery(バッテリー)には最大容量という記載がありまして

分かりやすく

iPhoneで参照してみましょう。


まずは設定から バッテリーという項目を見つけましょう。


バッテリーの項目を押したら次に


バッテリーの状態をクリックしましょう。



そうすると下記の図のように


最大容量が表示されます。

これが新品と比べてbattery(バッテリー)性能がこれだけですよ。

表記されたものです。

目安は80%未満ですが、特に冬になって気温が下がると顕著にバッテリーの減りが気になる方が多くなります。


バッテリーの減りが早いと感じた時の対策としては

  1. バッテリーが適温とされる温度の環境下で使用してみる

  2. キャリブレーション(バッテリー活性化)と充電方法変更を試してみる。

  3. バッテリーを交換してみる

①バッテリーを適温環境で使用する事でバッテリーの本来持っているパフォーマンスを維持します。

※温めるとバッテリーが調子よくなる時もありますが温め過ぎに気を付けてください

適温は35℃までとなっていますのでこたつ、ストーブ等の高温になりやすい所での放置は危険(爆発する恐れがあります。液晶がダメージ食らう事もあります)


②キャリブレーションとはバッテリーの補正作業なのですが難しいものではありません。

一度バッテリーを空にしてから充電を繋ぎ満充電から2時間ほど充電したままの状態まで持っていくようにします。こうする事でiPhoneですと充電を適正に充電しようとICが認識しますのでバッテリーがうまく認識すると同時に活性化するきっかっけになります。

充電方法に気を付けてください。社外品等を使用している場合はうまく電流が流れてい事があるためおすすめ出来ません。車等のシガーソケットも電流が安定しないためバッテリーには良い影響を与えません。モバイルバッテリーも安価なものですと電流が安定しないので避けましょう。


③一度劣化してしまったbattery(バッテリー)は回復しませんので交換をお勧めします。


交換にかかる時間は15分程度で完了いたします。(機種によって変わります)


当店では現在(2021年2月7日まで)スマホバッテリーを半額にて交換キャンペーンを行っていますので是非ご検討ください。(1980円~)


下記の図はキャンペーン20日までとなっていますがブログを見た方は2月7日まで延長します!


<スマホ修理 エックスリペア(X-REPAIR)横浜みなとみらい店>


営業時間 10:30~21:00(緊急事態宣言中2月7日までは20:00)


年中無休


TEL 050-8880-9870

2回の閲覧0件のコメント